若白髪は遺伝が原因?それともストレス?若白髪を予防したい方にお役立ち情報

どうして若白髪が出来てしまうのか、その原因を紐解いてきましょう。

そもそも私たちの人間の髪の毛は、生える前の段階では髪の毛に色がついていません。

頭皮の中には毛球部というものがあり、この段階で髪の毛は白いままなのです。

これがなんらかの原因で黒くならず、そのまま生えてくるのが白髪になります。

若白髪の原因は遺伝?ストレス?

栄養不足や栄養の偏りが原因

普段から好きなものばかり食べていて栄養が著しく偏っていたり、急激に体重を落とそうとして無理な食事制限によって栄養不足状態に陥ることも、若白髪の原因と言われています。

髪の毛には栄養が必要!不足すると若白髪に?

体と同じで、髪の毛も健康に育つためには十分な栄養が必要になります。

髪の毛を黒くするための栄養も、髪の毛を元気に育てるための栄養も不足するため若白髪が生えてきます。

髪の毛が栄養不足で育たないと抜け毛の要因にも繋がります。

普段から栄養の偏りや栄養不足にならないような食事を心がけることで、若白髪を回避できるかもしれません。

強いストレスが原因

強いストレスによって白髪が生えると考えられますが、特徴として突然白髪が増えてきたと実感することです。

全体的に白くなるのではなく、部分的に白髪が映えてくるので気づきやすいかもしれません。

ストレスにより血行が悪くなるため若白髪に…

仕事のストレス、環境が著しく変化する、家族や友人の死、受験など一時的に強いストレスを感じると生えてきます。

強いストレスによって血行が悪くなることが要因とされていますが、血流が悪くなると髪の毛が健康に育つための栄養が行き渡りません。

そのため、髪の毛は生えるけれど色がつかないまま生えてしまうわけです。

ストレスがたまらない環境を整えることも大事ですが、ストレスを上手に解消することもライフスタイルの一部として取り入れてみましょう。

遺伝も要因のひとつ?

実は科学的根拠はないと言われています。

髪の毛が薄くなるのは遺伝もあるが、若白髪は遺伝ではないことを証明した実験では双子が研究の対象になっていました。

そのため、双子以外の結果がないので、一概に遺伝ではないとは言い切れないという声もあります。

20代の若白髪は遺伝よりも生活習慣の影響が強い

若白髪の原因生活習慣のほか、遺伝的な要素があることも捨てきれないと言います。

ですが、例えば20代など極端に年齢が若いのに白髪が生えてくる場合は、遺伝的要素よりも生活習慣の影響を強く受けている可能性が高くなります。

だからと言って心配はいりません。

様々な白髪染めが販売されているので、それで白髪を染めれば特に目立つこともなく、周囲にバレることもありません。

若白髪が生える人はハゲにくいってホント?

若白髪に関する都市伝説

結論から言うと、若白髪が生えればハゲにくいという話に科学的根拠はありません。

なぜ、若白髪が出来るとハゲにくいという都市伝説がなぜ広まったのでしょうか。

薄毛に悩んでる人の中では白髪の人が居なかったため

それは、現実に薄毛で悩んでいる多くの男性を見ると白髪が生えている人が少ないことが理由だと言われています。

もちろんすべての人がそうとは言い切れないものの、若くて薄毛で悩んでいる人の中に同時進行で白髪が出来ている人はあまり見かけないと思いませんか?

そのことから若白髪になればハゲにくいという都市伝説が誕生しました。

都市伝説と言われているものの多くは信ぴょう性がないものですから、簡単に信じ内容が身のためでしょう。

もう一つの都市伝説

白髪を抜けば次に新しい髪の毛が生えてくるし、それら黒くなる可能性も高いという都市伝説もあります。

これは大きな間違いです。

白髪を見つけると直ぐに抜いてしまう人がいますが成長途中の白髪を抜けば頭皮に負担がかかり、次に生えてくる髪の毛の成長にも悪い影響を与えてしまいます。

無理に生えた髪は直ぐに抜けてしまう

まだ生える段階ではないのに無理に生えようとするわけですから、細くてコシのない弱々しい髪の毛が生えてしまいます。

そういった髪の毛は丈夫に育たないまま抜けてしまうため逆効果であることを覚えておきましょう。

1本ぐらいなら大丈夫と思っていても、若白髪の場合はチラホラと何本も生えてきます。

抜くだけでは追いつかないほどの白髪が目立つこともありますから、髪の毛のためにも抜くことはやめておきましょう。

ハゲるのと若白髪ではどちらがいいか

男性にとって究極の悩みと言えるかもしれません。

見た目に大きな変化があることはどちらも同じですが、男性の多くがハゲるよりも若白髪のほうがまだ我慢できると答えます。

一度ハゲてしまうと髪の毛を育てるのに手間も時間もかかりますし、それらに果たして効果があるのかどうかも疑問を抱くでしょう。

ケアをしたからといって翌日に髪の毛がフサフサになるわけではないため、ハゲるよりも白髪のほうが良いととらえる男性が多いのです。

染めることでカバーが出来る分、白髪の方が良い

確かに、若白髪の場合は白髪染めを使えばその日のうちに白髪をなくすことが出来ます。

見た目には何も変わった様子はありません。

むしろ、白髪染めで染めたことで髪の毛にツヤが生まれることもあります。

美容室に出向かなくても市販されている白髪染めを使えばお財布にも優しく白髪のお手入れが出来ます。

白髪染めにはいろんなカラーが用意されているので、自分の地毛に合わせて選ぶことも出来るので白髪染で若白髪を染めたことが見た目にも分かりにくいので助かります。

若白髪の予防方法について

若白髪を予防するための方法

ストレスを解消する

ストレスがたまると血流が悪くなって頭皮に栄養が行き渡らないので、ちょっと疲れたなと感じたときは上手にストレスを解消しましょう。

運動をして汗をかいたり、好きな本を読んだり、近所をお散歩するのもおすすめです。

食事を見直す

やはり栄養不足は若白髪の敵ですから、予防の意味でも食事を見直してみましょう。

特に若白髪におすすめしたいのが牡蠣や牛肉、クルミ、アーモンドなどのミネラル、魚や肉、豆腐など動物性たんぱく質と植物性たんぱく質、そのほかビタミンEやビオチンなども取り入れてみてください。

どうしても不足しがちなときはサプリなどで補うといいでしょう。

質の良い睡眠を心がける

いくらストレス解消をしても、質の良い睡眠が取れなければ疲労は回復しません。

質のいい睡眠は若白髪だけでなく体全体の健康にも影響を与えますから、この機会に睡眠にも着目してみましょう。

寝ている間に成長ホルモンが活発に働くことで、髪の毛を黒くする成分のメラニンもしっかり作られます。

よく眠れたという日が続けば若白髪の予防に繋がるので、枕や布団を見直したり、肌触りの良い毛布に変えるなど工夫を取り入れてみてはいかがでしょうか。

枕元にリラックス効果のあるポプリを置いても良いでしょう。

煙草はやめる

百害あって一利なしと言われる煙草はやめたほうがいいでしょう。

若白髪は血行が悪くなるとで出来やすいと言われていますが、たばこは血流を阻害するニコチンを含んでいます。

煙草をやめることは簡単なことではありませんが、自分の意思ではどうしてもやめられないという場合は禁煙外来で相談してみましょう。

禁煙外来は健康保険の適用内なので、治療費も薬代も3割負担で済ませることが出来ます。

白髪染を使う

市販されている白髪染めなら若白髪を隠すことが出来ます。

今の時代の白髪染めは髪の毛を保護する成分が含まれているので、白髪を染めたからといって髪の毛が痛む心配はありません。

選び方として長持ちさせたいならヘアカラーを使ってその日のうちに染めましょう。

ヘアマニキュアは髪の毛の表面に色を付けるタイプなので色が落ちやすいというデメリットがあります。

ただし、白髪染めに比べるとキューティクルを守ってくれるというメリットもあります。

実際に使ってみて自分の髪質に合うタイプを取り入れてみましょう。

効果とコストを徹底比較!白髪染め総合ランキング

▼最新おすすめ白髪染めを選びたいなら♪▼白髪染め>>白髪染め詳細情報はこちらから確認できます!<<