白髪染めで肌トラブルが心配な方へおすすめしたいパッチテスト

白髪染めをはじめて体験する方にとって、白髪を染めるための成分は肌に負担がかからないのか気になることも多いでしょう。

そんなときおすすめしたいのがパッチテストです。

こちらでは白髪染めのことだけでなく、肌荒れの原因やパッチテストに関する情報をご紹介していきます。

なぜ白髪染めで肌トラブルが起きるのか

肌のメカニズムが崩れてしまう

私たち人間の皮膚は、皮下組織、真皮、表皮、この三つから成り立っています。

肌表面にあたるのが表皮ですが、外部からの刺激から肌を守るために働くセンサーと、皮下組織と真皮を守るための役割を果たしています。

外部からの刺激とは紫外線のほかにもスキンケアや白髪染めもそれにあたります。

健康状態の乱れによって白髪染めの刺激に耐えられない

実際に白髪染めを使ってかぶれやただれなどの肌トラブルが起きたという方はいますが、多くの方は肌のメカニズムが崩れてしまったことが要因になっています。

体が健康な状態であれば肌表面の働きも活発なので、白髪染めを使ったとしても外的刺激から守ってくれるのです。

ところがストレスや疲労、睡眠不足などが重なると体の健康状態が崩れてしまうと、肌表面の抵抗力が弱まります。

本来であれば白髪染めの刺激から守ってくれるはずのメカニズムが崩れているためただれやかぶれなどの肌トラブルが生じてしまいます。

肌トラブルが生じる原因の元とは

白髪染めを使っている方の中には、ただれやかぶれなどの肌トラブルは仕方がないと思いながら使い続けている方もいるようです。

これでは肌状態がいつまでたっても健康になるのは難しいでしょう。

まずは何が原因になっているのか突き止めて、その原因を排除する必要があります。

刺激が強い、酸化染料パラフェニレンジアミン

白髪染めの中に含まれている酸化染料があります。

この成分は非常に刺激が強いことえ知られており、酸化染料が含まれている白髪染めを使うと頭皮がピリピリすると感じる方が多いのです。

成分表には酸化染料を主成分としたパラフェニレンジアミンと表記されています。

白髪染めを選ぶときに、パラフェニレンジアミンが含まれていないタイプを選ぶことで、ただれやかぶれなどの肌トラブルを回避することが出来るでしょう。

どんな人が白髪染めで肌トラブルを起こしやすいのか

アレルギー体質の方

白髪染めでただれやかぶれなどの肌トラブルを訴える方の中には、やはりアレルギー体質の方が多い傾向にあります。

もともと肌も体も健康な方でもただれやかぶれなどの肌トラブルを訴える人がいるので、アレルギー体質の方は白髪染めを使う際には細心の注意が必要になります。

万が一の肌のトラブルが起きたときの対策を視野に入れる

アレルギーで心配なのは、白髪染めの成分でアレルギー反応がでたとき、一度でも触れてしまうとアレルギー反応を起こしてしまうことです。

また、最初は特に肌トラブルもなく使っていたけれど、使い続けているうちにアレルギー反応が起きてしまった、という方もいます。

もちろんまったくアレルギーが出ないという方がほとんどなので、必要以上に心配することはありません。

万が一、今後肌トラブルが起きたときのために、予備知識として覚えておきましょう。

なぜ途中でアレルギーが出てしまうのか

最初は大丈夫だったのにどうして急にただれやかぶれなどの肌トラブルが起きてしまったのか悩む方もいます。

実は自分自身の体質の変化によって肌トラブルが起きていることに気づいていない方が多いのです。

白髪染めを使ってただれやかぶれなどの肌トラブルが起きたとき、自分の体調に変化があったと気付いてください。

ホルモンバランスの乱れによって肌トラブルに繋がる

体質の変化が起きるのは年齢を重ねたことや、ホルモンバランスの乱れなども要因となっています。

年齢はある程度把握できるとしても、ホルモンバランスが崩れたことによって体質が変化することは予測が難しいでしょう。

白髪染めを使っても大丈夫だった体質が、ある日急に肌トラブルが起きたけれど、次は大丈夫だったと体質がコロコロ変化することもあります。

私たちの体質は年齢や性別問わず、そのときによって変化することを覚えておきましょう。

必ずやってほしいパッチテスト

パッチテストとは

実際に使う前に自分の肌に合うかどうか試すことを言います。

白髪染めだけでなくスキンケアを使うときにも必ずパッチテストをするという方は少なくありません。

白髪染めの場合は、ただれやかぶれなどの肌トラブルが起こりやすいためパッチテストをやったほうが良いと言われています。

アレルギー反応があるかどうか見極めるためのものなので、普段は特に心配がないという方もパッチテストを試してから使用するようにしましょう。

なぜパッチテストが必要なのか

もともとアレルギーを持っている方も、そうではないかたも、白髪染めに含まれている成分が自分に合うかどうかパッチテストで調べておけば、事前に肌トラブルを回避することが出来ます。

白髪染めの場合はそれほど大きな心配はないものの、普段からアレルギーを持っていて色々注意しながら生活をしている場合、アレルギーが出やすいので心配という方もいるでしょう。

アレルギー反応が出ることを未然に防ぐ意味でも、白髪染めを使う前のパッチテストはおすすめします。

パッチテストのやり方

白髪染めのパッチテストは2日ほど要するので、白髪を染めたい日から逆算して2日前に行いましょう。

最初に白髪染めを綿棒などにとって、腕の内側の部分に塗っていきます。大きさは10円玉ほどです。

このまま少し時間をおいて乾燥させます。

あくまでも自然乾燥です。

早く乾かしたいからといってドライヤーなどを使うことはNGです。

48時間後に繰り返す、そして48時間後何もなければOK!

そこから48時間後にもう一度同じやり方で白髪染めを塗ります。

万が一、途中でただれやかぶれ、湿疹、かゆみなどを感じた場合はアレルギー反応を起こしてる可能性があるので、手でこすらずシャワーなどを使って白髪染めの薬剤を流します。

もしも何も反応が出なかった場合はアレルギーがない証拠なので、48時間後にすぐに白髪を染めましょう。

肌トラブルを防ぐためにやってほしいこと

なにが肌荒れの原因になっているのか

ひとつはホルモンバランスの乱れです。

なぜホルモンバランスが乱れるのかというと、ストレスや疲労が大きな要因となっています。

また、女性の場合は生理の周期も関係していて、生理前にと生理後では卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが大きく変わります。

肌の皮脂量が増え、毛穴に汚れが溜まり肌トラブルに

特に黄体ホルモンは男性ホルモンの働きに非常に似ており、肌表面の皮脂量が増えることでべたべたした肌質になりやすいです。

その結果、毛穴に汚れが溜まって肌トラブルが起こりやすくなります。

そのほかターンオーバーが乱れることも肌トラブルの原因のひとつです。

肌のターンオーバーとは肌の生まれ変わりを意味しています。

私たちの肌は一定のサイクルで生まれ変わりますが、新陳代謝が活発であれば常に新しい肌に生まれ変わることができます。

ところが、ターンオーバーが乱れると新陳代謝がうまく働かずに肌表面に古い角質が残ったままになり、肌トラブルが生じてしまいます。

肌荒れ対策に取り入れたいこと

ホルモンバランスやターンオーバーの乱れを元に戻す必要があるので、そのために取り入れたいことをご紹介します。

ひとつめは「運動」です。

体を動かすことで血の巡りがよくなり、体の隅々に必要な栄養素が行き渡ります。

栄養が行き渡ればそれぞれの細胞が正しく働いてくれるので、ホルモンバランスもターンオーバーも乱れることはありません。

運動・バランスの良い食事・質の良い睡眠を心がける

ここで栄養が不足していると意味がないので、二つ目に「栄養バランス」が必要になります。

毎日バランスの取れた食事を取り入れることで、健やかで健康な肌を維持することが出来ます。

最後に「睡眠」です。

私たちは寝ている間に成長ホルモンが活発に働きます。

ホルモンバランスや肌のターンオーバーを整えるのにも成長ホルモンの活動は必要不可欠です。

質のいい睡眠を心がけて成長ホルモンの活動を手助けしてあげましょう。

効果とコストを徹底比較!白髪染め総合ランキング

▼最新おすすめ白髪染めを選びたいなら♪▼白髪染め>>白髪染め詳細情報はこちらから確認できます!<<