自宅で上手に白髪染めを使うための正しい染め方を伝授します

美容室で白髪染めをしてもらうのもいいですが、子育てや介護、仕事などで忙しく自分の時間が取れない方にとって美容室へ行くのも一苦労です。

そこで白髪染めを自宅で実践しているという方が増えてきました。

こちらでは自宅で上手にできる白髪染め方法についてご紹介します。

白髪染めに必要なアイテムをご紹介

自宅で白髪染めを使うとき、初めは慣れるまでてこずるかもしれません。

だからこそ、あらかじめ下準備を整えておく必要があります。

白髪染めを行う前に必要な物

白髪染めをする前に用意しておきたいものは、古新聞や古いタオルです。

髪の毛を染めるのだから、と安易に考えていると白髪染めの薬剤が飛び散ったときに周囲が汚れて慌ててしまいます。

白髪を染める効果のある薬剤ですから、ほかの場所に飛び散ってしまったときに色がついてしまう可能性があります。

そのため、床の広い範囲に古新聞や古いタオルを敷き詰めるのがポイントです。

洋服や手を汚さないようにする為のアイテム

そのほか、洋服や手を汚さないためのケーブやビニール製の手袋も用意しましょう。

通常市販されている白髪染めに付属していることが多いので用意する必要はありませんが、どちらも一度使えば捨てるものなので、万が一に備えて100円ショップなどで用意しておくと良いかもしれません。

それからちょっとした汚れにすぐ対応できるように、そばにティッシュも用意しておきましょう。

使い古しのタオルでもいいですがティッシュのほうが使いやすいのでおすすめです。

白髪染めを終えた後のことを忘れず準備しよう

それからうっかり忘れがちですが、白髪を染めた後は洗い流す必要があるため、洋服は前開きボタンがついているものを着るようにしてください。

白髪を染めた後すぐに脱げるように整えておきましょう。

白髪の上手な染め方を実践しよう

白髪染めを使ったのに上手の染まらないという方も少なくありません。

同じ薬剤を使っているはずなのにどうして?と不思議に思うかもしれませんが、白髪染めは染め方次第で上手に染まります。

髪の量によって薬剤の量を調節、多いほど薬剤が行き届きやすい

例えば髪の毛はしっかり渇いているときのほうが染まりやすいので、前の日に髪の毛を洗って、翌日に染めると色落ちしにくいですし、色もしっかり入りこみます。

それからよくある話で、白髪染め薬剤の量が少ないという話もあります。

繰り返し使いたいからといって推奨されている量より少なくしてしまうと薬剤の量が不足して、色が付きにくくなりますし、色落ちしやすくなります。

たっぷりつけすぎかな、と思うぐらいが調度良いので推奨量を守りましょう。

髪の毛の量が多い場合は推奨量より多めにつけても問題ありません。

髪の太さによって浸透する時間が変わることを視野に

それから放置する時間も関係があります。

白髪染めを洗い流すタイミングですが、商品によって放置時間が異なります。

また、髪の毛の量や太さによっても色の浸透具合が異なります。

逆に髪の毛が細い方は色が浸透しやすいので、髪の毛が太い場合は10~15分ぐらい長く、細い方は5分ぐらい短い時間を目安に放置しましょう。

さらに、美容室などでもよくやっている方法ですが、全体に塗り終わったらラップなどを髪の毛全体に乗せてください。

熱によって白髪染め薬剤の浸透率がアップします。

もしも時間的にゆとりがあるならラップを乗せた上から汚れてもいいタオルで蒸しタオルを作って乗せても効果が上がります。

いろんなタイプがある白髪染め

白髪染めには全体染めと部分染めがあります。

全体染めとはその名の通り、髪の毛全体を染めるタイプの白髪染めです。

理想とされる染め方は、1ヶ月に1度の間隔で染めると、頭皮や髪の毛へ与えるダメージを軽減させることが出来ます。

もしも、通常の白髪染めだと刺激が強すぎてトリートメントタイプを使いたいという場合、白髪染めに比べて染め方としては色の浸透率が低くなるものの1週間に1度のペースで使用できます。

白髪の生え方、伸びるスピードの違いで使い方を変えてみよう

全体染の場合、次回染めるのは1ヶ月後ですから、その間にも髪の毛は育っていきます。

髪の毛の根元が白く目立ってきますから、この間に使うといいとされるのが白髪染めの部分染めです。

また、この部分染めは全体染めをするほど白髪はないけれど、チラホラ白髪が出てきて気になるという場合にも使えます。

使い方は簡単で、白髪が目立つところに塗るだけです。

特に髪の毛の生え際などは白髪が生えてくると目立ちやすいので、生え際用に部分染めを常備しているという方もいます。

髪の毛が育つスピードは人それぞれ違いますから、白髪がすぐに目立つほど髪の毛の育ちが早い人もいますし、1ヶ月後でも大きく目立つことがないという方もいます。

薬剤による刺激を考えると、出来れば間隔をあけて全体染めを使いたいので髪の毛の生えるスピード、白髪が目立つタイミングなどを見極めて全体染めと部分染め、どちらも使い分けるといいかもしれません。

また、体調によって肌トラブルが起きやすい時期もあるでしょうから、そのときのためにトリートメントタイプの白髪染めを用意しておくといいでしょう。

白髪染めの部分染めってどうやって使うの?

全体染めは髪の毛の全体を染めるのでわかりやすいですが、部分染めとなると染め方にコツが必要ではと気になる方もいるでしょう。

部分染めにおすすめされているのがヘアカラートリートメントタイプと、スティックタイプです。

トリートメントタイプは全体に塗り込み洗い流す

トリートメントタイプとは洗い流すタイプで、使う前にビニールの手袋をしてから髪の毛全体に少しずつ塗っていきます。

指先で髪の毛をなぞるように塗っていくと白髪染めの薬剤が浸透しやすいでしょう。

全体に行き渡ったら専用のコームで薬剤を塗っていきましょう。

これが終わったらビニール製のシャワーキャップをかぶって放置します。

シャワーキャップは100円ショップなどでも販売されています。

寒い季節はこのままの状態からドライヤーをあてて少し温めると薬剤が浸透しやすいでしょう。

それぞれの商品が推奨する放置時間が来たらシャワーで洗い流して完了です。

スティックタイプは出かける前に気になるところだけに

もうひとつがスティックタイプですが、白髪染めというより白髪隠しという感覚で使っている方が多いのが特徴です。

例えば生え際などは目立ちやすいので、全体的にまだ綺麗だけど生え際だけ気になるという場合に使いましょう。

使い方はとても簡単です。

気になる部分にスティックで薬剤を塗って、そのあとはドライヤーで乾かすだけです。

洗い流す必要がないため、例えば出かける前に鏡を見たら白髪が部分的に目立ってる、という場合に使うことも出来ます。

上手に使うコツですが、スティック部分に薬剤を浸透させることでムラなく塗ることが出来るので、初めにティッシュなどに数回つけてブラシ全体に薬剤あを行き渡らせるといいでしょう。

どのタイミングで白髪染めを使ったらいいのか

通常の白髪染め

化学染料を使用したタイプなので、色落ちせずしっかり染まるのがポイントですが、その分髪の毛にダメージを与えやすいので理想は2ヶ月に1度、短くても1ヶ月に一度を目安にしていください。

白髪染めが飛び散っても大丈夫なように、古新聞を敷いたり手に染料がつかないようにビニールの手袋を準備しておきましょう。

市販されている白髪染めには手袋もケープもついているタイプが多いためあらかじめ用意するのは新聞紙だけでいいかもしれません。

トリートメントタイプ

化学染料が含まれていないので、染めたいときにすぐに使えるというメリットがあります。

いつも使っているトリートメントを白髪用に変えるだけでOKなので塗り方も簡単です。

初めて使ったときは色が浸透しにくいように感じますが、繰り返し使うことで徐々になじんでいくという特徴を持っています。

使い始めは4~5回連続で使い、なじんできたら3~4回に一度使うといいでしょう。

フォームタイプ

ヘアスタイルを整えるときに使うフォームに似ているため勘違いする方もいますが、通常の白髪染め同様に化学染料が含まれています。

そのため使うタイミングは2ヶ月に1度、短くても1ヶ月に1度のタイミングを守ってください。

部分染めタイプ

化学染料が少々入っているタイプで、生え際などの白髪が目立ってきたときに使うタイプです。

生え際の白髪は1ヶ月ぐらいすると目立ってくるので、1ヶ月を目途に使うといいでしょう。

効果とコストを徹底比較!白髪染め総合ランキング

▼最新おすすめ白髪染めを選びたいなら♪▼白髪染め>>白髪染め詳細情報はこちらから確認できます!<<