美容エッセンスで髪の毛をケアしながら白髪を染める「ベネフィーク」

白髪に悩まされている女性は少なくないと思います。

特に日本人は黒髪ですから、そこに白髪があると目立ってしまいます。

早い人は10代で出てくることもある白髪

染めても髪の毛が伸びたり、色落ちしたりすると、何度も染め直さなくてはいけません。

ベネフィークはそんな悩みを抱える人たちの負担を少しでも減らすよう作られた、白髪用のヘアケア品です。

染まり方もコスパも良いヘアカラータイプ

ベネフィーク(資生堂)白髪染めは、この2つのタイプが登場しています。

黒髪をカラーリングするのと同じように染めるヘアカラータイプと、毎日シャンプーをする感覚で使えるカラーリンスタイプです。

ベネフィーク(資生堂)白髪染めのカラーのバリエーションはヘアカラータイプが豊富です。

白髪を目立たなくさせる効果のある薄い栗色や、しっかり染めて他の黒髪と大差なくさせる濃い栗色など。

ヘアカラーは染めるために時間を確保する必要がありますが、一度染めると長い間キープできるのが特徴です。

そのためコストパフォーマンスが良く、長く支持されています。

気軽に使えるカラーリンスタイプ

毎日のシャンプーのあとに使用するカラーリンスタイプは、気軽に使えるのが特徴です。

ベネフィーク(資生堂)のカラーリペアトリートメントは、美容エッセンスで髪の艶やかさを保ちながら、徐々に白髪を染めていきます。

お風呂で染められるので、白髪染めをする場所を確保する必要がありません。

このカラーリンスタイプはヘアマニキュアとも呼ばれ、髪の毛に与えるダメージがあまりないメリットがあります。

そのためアレルギー体質でヘアカラーができない人にも、使用できる可能性があります。

ベネフィーク(資生堂)白髪染め特有の臭いが少なく、髪に艶が出ることから高い口コミ評価を得ています。

白髪を染めつつ髪の毛のケアができるヘアケア品です。

白髪を染めるときのポイントは?

手入れされていない白髪は、老けて見られるだけでなくだらしない印象をも与えてしまいます。

ですのでヘアカラーにしろカラーリンスにしろ、白髪は染めて違和感のないようにすることが大切です。

白髪の量が少ない場合は、元の黒髪に似た色を選ぶと上手に馴染みます。

対して白髪の量が多かったり、目立つ頭部に集中していたりする場合は、いっそ明るい色で全体を明るくするのも手です。

ただし全体が明るくなってしまい、仕事などに影響が出る場合は、やはり落ち着いた暗めの色を選ぶと良いでしょう。

白髪染めをする際の”タイプ選び”ですが、自分一人では上手に染められない方はカラーリンスがおすすめです。

お風呂専用の櫛を使用すると、髪の毛に万遍なくクリームが行き渡ります。

部分的に白髪が出来ている方やショートの方は、時間・手間が1回の動作で済むヘアカラーがおすすめです。

効果とコストを徹底比較!白髪染め総合ランキング

▼最新おすすめ白髪染めを選びたいなら♪▼白髪染め>>白髪染め詳細情報はこちらから確認できます!<<