身だしなみを整えるために自分に合う白髪染めを選びたい方へ

白髪染めで白髪を染めることは難しいことではありません。

色んな明るさやカラーがありますから、その中から自分に合うタイプを選ぶのも楽しみのひとつです。

また、職業柄見た目の印象も気になるでしょうから、おすすめの白髪染めカラーや明るさも一緒にご紹介していきます。

白髪染めのタイプ別メリットとデメリット

ヘアカラー

白髪染めの中でも色落ちしない特徴があり、その効果は長くて2ヶ月以上あります。

一度染めるだけで効果があり、一般的なブラシ型のほかにフォームタイプやクリームタイプがあり、どれも使いやすさがメリットです。

しっかり染まる分、含まれている成分によって肌ダメージを受けやすいです。

ですから、短くても2ヶ月以上は間隔をあけて使うことが推奨されているため頻繁に染められないのがデメリットです。

白髪染め専用シャンプー

髪の毛を洗うために使う普段のシャンプーに白髪染めの成分が含まれているものです。

つかうごとに髪の毛が染まっていくタイプで、髪の毛全体に成分がしっかり行き渡るのがメリットです。

刺激の強い成分が含まれていないのでダメージもほとんどありませんし、お風呂場で使えるので手間がかかりません。

ただし、その日のうちにしっかり染まるわけではないので急いで染めたいときには向いていません。

白髪染め専用トリートメント

先ほどのシャンプー同様に、白髪染め専用のトリートメントがあります。

専用シャンプーと合わせて使うことでそれぞれの効果を高めることが出来ます。

美容成分が含まれているので白髪を染めるだけでなく髪の毛の健康も向上させることが出来るのは大きなメリットではないでしょうか。

ただし、シャンプーと同じでその日のうちに染まるわけではなく使い続けることで色づいてきます。

急いでいる場合は不向きかもしれません。

お風呂場で使えるので下準備や後始末が楽な点はメリットでしょう。

ヘアマニキュア

爪を塗るマニキュアのように、髪の毛の表面にカラーコーティングをするタイプの白髪染めです。

髪の毛や頭皮に与えるダメージがほとんどないため染め直しも可能ですし、重ね塗りすることもできます。

お風呂場で使えるのも後始末が楽でしょう。

ただし、髪の毛の深部に浸透するわけではないので、平均すると2週間程度で色が落ちてしまいます。

シャンプーするたびに色が落ちてしまうので、ヘアマニキュアをする頻度が多くなるのがデメリットかもしれません。

白髪染めのカラーによって見た目の印象が違う

ダークブラウン系

数ある白髪染めのカラーの中でも特に人気の高いのがダークブラウン系です。

白髪が気になる年代は、お肌の状態も気になる年代と言われています。

そのため、若いころと同じような肌質ではないため、若いころに似合っていたヘアカラーが似合わなくなってしまうのは当然のことなのです。

そのため、明るすぎず、かといって暗すぎないダークブラウン系は、どなたにでも似合うカラーとして定着しています。

肌の色を若々しく見せる効果もあるので、お肌のくすみが気になるという方もダークブラウン系をおすすめします。

ヘアスタイルに影響を与えないのも特徴です。

カッパー系

非常に明るいイメージのある色合いです。

カッパーというのは日本語で銅という意味があります。

10円玉を思い浮かべてください。あの色に近いヘアカラーです。

頭の中にイメージすると自分には似合わないと思う方も多いですが、日本人の肌の色にとても似あうヘアカラーとして人気があります。

これまでの印象をがらっと変えて明るいイメージを作りたい、肌の色にマッチしたカラーを取り入れたいという方におすすめします。

肌になじむヘアカラーを取り入れると、顔全体の透明感が増すのでお肌のくすみなどで悩んでいる方は一度取り入れてみてはいかがでしょうか。

アッシュベージュ系

比較的明るいカラーが特徴的な色で、ヘアスタイルによっては外国人のようなイメージに仕上がります。

アクティブに活動するのが好きという方や、ほかの人と違うカラーを楽しみたいという方に人気があります。

一色ではなくアッシュなので空気を含ませたようなふわっとした仕上がりになります。

ちなみにアッシュ系の白髪染めは色落ちがしやすいという特徴があるので、色落ちしにくいシャンプーを使うことをおすすめします。

髪の色が全体的に明るくなるため、顔の色も明るいイメージになります。

まだまだ美白ブームが続いているので、美白効果が欲しいという方におすすめかもしれません。

アッシュブラウン系

ブラウンとグレーが混ざったような色合いでベースはブラウン、ところどころにグレーが入った感じです。

見た目がナチュラルな仕上がりになります。

ブラウン系なので暗いイメージがありますが、グレーが入ると全体を見たときに透明感が増します。

白髪染めでナチュラルに仕上げたい方におすすめのカラーです。

光が当たることで透明感が増すため、小顔に見せる効果も期待できます。

白髪染めを選ぶときの基準

どんなカラーや明るさがいいか

市販されている白髪染めを見ると、いったい何が違うのか見分けがつかないという方も多いのではないでしょうか。

特に男性の場合は女性よりも色の違いの見極めが難しいと言われています。

白髪染めを目の前にしてどれがいいか選べない方も少なくありません。

カラーを選ぶ時はスマホで前もって髪の毛を撮りサンプルと比較

初めてカラーを選ぶときは、自分の髪の毛の色を基準にすれば間違いがありません。

ただし、髪質によって色の染まり具合が違うので選び方も慎重になるでしょう。

髪の毛が太くて硬ければ染まりにくいですし、細くて柔らかければ染まりやすいです。

それも元にして一番明るいカラー、真ん中のカラー、一番暗いカラー、この3つを基準に選んでみてください。

髪の毛が長い女性は自分の髪の毛とサンプルを比較しやすいですが、短い男性の場合は売り場で見比べるのが難しいでしょう。

ですから、スマホなどで自分の髪の毛の写真を撮り、売り場でサンプルと比較すると選びやすいかもしれません。

職業によって選び方も慎重に

職業によって身だしなみに厳しいところもあります。

極端な話をすれば学校の校則のように髪の毛の長さや色に厳しい業種もありますから、身だしなみは普段から気を付けているという方も少なくありません。

硬いいイメージの職業、ファッション関係等カラーの使い分け

特にどんなヘアカラーでも問題がないという場合は特に白髪染めのカラーや明るさの選び方に慎重になる必要はありません。

ですが、校則並みに厳しい場合は、明るいカラーよりも暗めのカラーを選ぶと問題ないはずです。

特に今のヘアカラーで問題がなければ、自分の今の髪の色に合わせてカラーや明るさを選ぶことで問題を回避できるでしょう。

事務職や営業など硬いイメージのある職業なら暗めのカラーを、ファッション関係などオシャレを重視する職場なら明るめのカラーを取り入れてみてください。

白髪染めのおすすめタイプ

白髪染めにはブラシ型やクリームタイプ、フォームタイプなどがあります。

ブラシ型は白髪染めの中でも主流で、しっかり染めたい方にお勧めします。

ブラシがついているので手先が不器用な方でも問題なく使いこなせます。

クリームタイプは髪の毛全体に伸ばすのが少々苦労しますが、付属されているコームを使えばきれいに伸ばすことが出来ます。

フォームタイプは泡で出来ているため、先の2つに比べると白髪染めの成分が浸透しにくい特徴を持っているものの手軽さがメリットになっています。

染める頻度は多くても手軽なタイプが使いやすいという場合はフォームタイプを選ぶといいでしょう。

効果とコストを徹底比較!白髪染め総合ランキング

▼最新おすすめ白髪染めを選びたいなら♪▼白髪染め>>白髪染め詳細情報はこちらから確認できます!<<