白髪隠しは白髪染め以外にも方法がある?おすすめの白髪予防法

白髪隠しは白髪染め以外にも方法がある?おすすめの白髪予防法

白髪があるだけで見た目年齢がぐっと高くなってしまうことは大きな悩みの種でしょう。

白髪隠しのために白髪染めは手っ取り早い方法のひとつですが、白髪のメカニズムを説明しながら、そのほかにおすすめの白髪隠しをご紹介します。

どうして白髪ができるのか

どうして白髪ができるのか白髪が出来るメカニズムを知ることで、自分に合う白髪予防を取り入れることが出来るでしょう。

白髪は髪の毛のメラニン色素が出来なくなってしまうことで髪の毛が白く見えてしまう状態をいいます。

もともと白髪にはメラニン色素を作らない休止型タイプと、色素形成細胞がないタイプがあります。

世の中の白髪で悩んでいる人の多くは色素形成細胞を失っているタイプです。

白髪が生まれてしまう主な原因

ひとつは加齢です。

年齢を重ねるごとに白髪が増えていきますが、加齢による白髪が生えてくる時期は個人差があります。

一般的な年齢よりも若いうちに生える方もいれば、同世代に白髪が多い年齢になっても白髪が生えにくい方もいます。

ストレス・ライフスタイルによる栄養バランスの偏り

もうひとつがストレスやライフスタイルも原因でしょう。

例えば強いストレスを感じた場合、体に異変を感じる場合があります。

寝ているはずなのに疲れが取れないなど慢性的にストレスを感じていることを実感していませんか?

また、ストレスは上手に解消していても普段の食事バランスが乱れていると栄養の偏りから髪の毛必要な栄養が不足してしまいます。

これによってメラニンを生成する働きが弱まり白髪ができやすくなります。

精神的ストレスや栄養の偏りにも注意が必要です。

遺伝的要素が原因による白髪

そして残念ながら遺伝的要素によって白髪が生えやすい方も少なくありません。

若白髪という言葉があるように、白髪が生えるにはまだ早い年代でありながら生えてしまうのは遺伝的要素が強いと言われています。

10代や20代でも白髪がチラホラ生えてくるという場合、遺伝的要素によって白髪が生えている可能性が高いと判断できます。

それから普段病院から処方されている薬による副作用から代謝障害が起きて白髪が生えやすいという話もあります。

どうしても白髪が気になる場合は一度病院の担当医に相談してみてはいかがでしょうか。

白髪の生え方にパターンがあるってホント?

白髪の生え方にパターンがあるってホント?

色素形成細胞が正常に働くことで髪の毛に黒い色がついて生えてきます。

ところが何らかの原因によって色素形成細胞の働きがなくなることで白髪が生えてきます。

髪の毛の成長の途中で突然白髪になった場合、これは色素形成細胞が突然働かなくなったことが要因と言われています。

強いストレスや栄養の偏りなどが主な要因です。

少しずつ白くなってくる場合は、色素形成細胞の働きが徐々に弱まっていくことが要因です。

これは年齢を重ねることによって色素形成細胞の働きが弱くなることがきっかけとなります。

白髪を予防するためには

白髪を予防するためには

白髪をお手入れするためのマッサージ

髪予防のために取り入れている方が多いのがマッサージです。

白髪が出来る要因となるもののひとつにストレスがありますが、私たちの体はストレスを感じると血流が悪くなります。

血流が悪くなると髪の毛が健康に育つための栄養が頭皮に十分に行き渡らなくなるため、白髪が生えやすくなってしまうのです。

シャンプーの際に優しくマッサージをする

少しでも血流をよくするために頭皮をマッサージすることも白髪予防の方法としておすすめします。

シャンプーするときに爪を立ててゴシゴシ洗うのではなく、指の腹を使って洗いましょう。

シャンプーするとき、先にぬるま湯で髪の毛と頭皮をしっかりぬらしておくとシャンプーがしっかり泡立ちます。

髪の毛の生え際から頭頂部に向かって、指の腹で小さく円を描くようにマッサージをしましょう。

洗顔するときの力加減が丁度いいとされていて、それ以上の力を入れると頭皮に負担がかかるので注意が必要です。

食べ物にも気を配ろう

食べ物にも気を配ろう

髪の毛が白髪になってしまうのはメラニン色素が不足していることが要因となります。

このメラニンを生成させるために必要な栄養素はビタミンやミネラル、そのほか良質なタンパク質も積極的に取り入れたいところです。

偏りなく、バランスのとれた食事を取ることで白髪予防に繋がる

魚介類ですとイワシ、カツオ、サバ、ブリなど、海藻類ですと昆布、海苔、わかめなどを取り入れていきましょう。

また、チロシンという栄養素はメラニンの生成を促す作用のある栄養素で、特に乳製品、魚介類、大豆類などに豊富に含まれています。

このチロシンの働きを促すのがホウレンソウやゴボウなどの野菜のほか、サツマイモや小麦などの穀類と言われています。

これらをバランスよく取り入れることで白髪予防につながります。

生活習慣も見直すべき

生活習慣も見直すべき

特に睡眠は私たち人間が健やかに暮らすために必要不可欠です。

ストレスも質のいい睡眠を取ることで解消されることが分かっていますから、今の睡眠スタイルを一度見直してみてはいかがでしょうか。

疲れの取れる正しい睡眠を取るための工夫

朝起きたとき疲れが取れていないという場合、昼過ぎになると急に眠くなるという場合は正しい睡眠が取れていない可能性が大きいと言われています。

例えば枕の高さを自分の体に合うタイプに変えてみたり、シーツやタオルケットなどは肌触りがいいものに変えるだけでも睡眠の質が良くなります。

さらに香りも効果的ですから、枕元の近くにドライハーブなどのアロマ効果のあるアイテムを置いてみていはいかがでしょうか。

寝る前にアロマオイルを焚いたりすると火が付いたままうっかり寝てしまい火事の心配があるので、枕にお気に入りの香りがするアロマオイルをたらすなど工夫してみてください。

白髪予防だけでは間に合わない!白髪を隠す色々な方法

白髪を隠す色々な方法

白髪染めで白髪隠し

早急に白髪を何とかしたいという場合、白髪予防だけでは間に合いませんから白髪染めを取り入れていきましょう。

白髪隠しのアイテムとして優れていますし、いろんなタイプの白髪染めがあるので、自分に合うタイプを探せるのも魅力のひとつでしょう。

白髪染めにはクリームタイプやムースタイプ、トリートメントタイプなどがあります。

白髪染めでのポイントは「保護成分」

これらは自分が一番使いやすいと感じるものを選ぶと染め残しなどがなく、ムラなくキレイに仕上がります。

特に注目してもらいたいのは「保護成分」です。

白髪染めの成分はお世辞にも優しいとは言いにくいのが現状です。

そのため、おすすめしたい白髪染めは髪の毛の痛みやパサつきを押させるための保護成分が含まれているタイプです。

白髪隠しで白髪がなくなっても髪の毛が痛んでしまったのではがっかりですから、白髪染めを選ぶときは保護成分が含まれているかどうか事前に確認しておきましょう。

手っ取り早く染めたいならマスカラタイプがおすすめ

マスカラタイプがおすすめ

おすすめの白髪染めは色々ありますが、その中でもマスカラタイプはとても人気があります。

出かける前に鏡を見たら生え際の白髪が目立っていたことに焦ったことはありませんか?

出かける直前ですから白髪染めで染める時間はありません。

だからと言って白髪隠しをせずに出かけるには人の目が気になって仕方がないでしょう。

ちょっと気になった白髪を短時間でカバー

そんなときにおすすめなのがマスカラタイプです。

形状はまさにメイクに使うマスカラと一緒で、使い方も簡単です。

まつ毛にマスカラを塗るように、白髪部分にマスカラのブラシをあてて塗るだけです。

白髪隠しアイテムとして非常に優れているのは、塗ったあとに渇きが早いため、そのまま出かけても問題がないということです。

白髪染めをするほど白髪が増えたわけではないけれど、ちょっとだけ白髪が気になってきたときの必需品として白髪隠しアイテムのマスカラタイプをひとつストックしておくことをおすすめします。

急な時に必ずお助けアイテムとなるはずです。

白髪染めおすすめランキング|効果と価格で比較したBEST3

白髪染めおすすめランキングBEST3

haru黒髪スカルプ・プロ haru黒髪スカルプ・プロ
気になる抜け毛・白髪・頭皮を1本でケア!

ルプルプヘアカラートリートメント ルプルプヘアカラートリートメント
ダメージ0!簡単なのにきちんと染まる!

グローイングショットヘアケア グローイングショットヘアケア
グラマラスな黒髪を目指すヘアケアが新登場!

▼白髪染めおすすめランキング|効果と価格で比較した【総合】▼>>白髪染めアイテムの詳細情報はこちらから確認できます!<<

関連記事

若白髪を予防したい方にお役立ち情報

若白髪は遺伝が原因?それともストレス?若白髪を予防したい方にお役立ち情報