白髪染めで髪が傷まないための予防策や防止策はあるのか

白髪染めで髪が傷まないための予防策や防止策はあるのか

白髪染めは白髪をキレイに染めてくれる優れたアイテムです。

ところが、使い続けている方の中には髪の毛が傷んで大変という方もいます。

どうして白髪染めで髪の毛が傷んでしまうのか、そのメカニズムを紐解いていきましょう。

白髪染めでなぜ髪の毛が傷んでしまうのか

白髪染めでなぜ髪の毛が傷んでしまうのか

白髪染めを繰り返すことで傷む髪の毛

本来白髪染めは2ヶ月に1度の使用が推奨されています。

これは髪の毛を染める成分がお世辞にもダメージがないとは言い切れないためです。

白い髪の毛を黒く染めるわけですから、強い刺激があるのは当たり前のことです。

生えてきた根元の白髪が目立つ為に染める

しかし、白髪染めをしないで2ヶ月放置すればどうなるでしょうか。

根元から白髪が目立ってしまいます。

そのため、根元の白髪が目立ってくると白髪染めですぐに染めてしまう人も少なくありません。

強い刺激のある白髪染めを短期間で繰り返すことで、どんなに丈夫な髪の毛、頭皮を持っている方でもダメージを受けてしまいます。

なぜ白髪染めが髪の毛の傷みの原因になるのか

なぜ白髪染めが髪の毛の傷みの原因になるのか

白髪染めに含まれている薬剤が原因のひとつと言われていますが、白髪に色を入れるためにアルカリ剤が要因になっています。

特に白髪染めはアルカリ剤が強い理由は白髪にあります。

白髪と白髪ではない髪の毛を比べてみてみると、白髪のほうが丈夫なことに気づくはずです。

丈夫な白髪に合わせた染料なので傷みやすい

色の入っていない髪の毛は丈夫にできているため、髪の毛を染める染料にアルカリ剤のような強い成分が入ることで色がしっかり染まるわけです。

さらに、白髪染めを白髪が目立ってきたところだけでなく毛先までベッタリと塗ってしまう方も少なくありません。

確かに白髪は毛先まで白いので塗りたくなる気持ちはありますが、私たち人間の髪の毛は毛先から傷みやすいことが分かっています。

枝毛が出来るのを見てもお判りでしょう。

傷みやすい毛先に成分の強い白髪染めを塗れば、途端に毛先から髪の毛が傷んでしまいます。

ダメージを減らす方法は?

ダメージを減らす方法は?

このことからも分かるように、本来は白髪染めを繰り返し使うなら最低でも2ヶ月以上は間隔をあけることです。

もう一つは、毛先には塗らないことがダメージを減らす方法となります。

予防策を知ることと、部分使用のタイプを使いダメージを軽減する

そうはいっても、白髪をそのまま放置しておけば見た目にも老けて見えたり、だらしなく見えてしまうでしょう。

ですので、白髪染めを使いながらも髪が痛まないための予防策を知っておけば、ヘアダメージを軽減させることが出来るのです。

白髪染めの中にもいろんなタイプがあります。

部分的に伸びてきた白髪に使えるスプレータイプやマスカラタイプを使うことでダメージを極限まで減らすことが可能となります。

白髪染めで痛む髪の毛を守るためにおすすめのアイテム

白髪染めで痛む髪の毛を守るためにおすすめのアイテム

天然素材の白髪染めシャンプーを使う

シャンプーはそれぞれお気に入りがあると思いますが、髪の毛を守りながら白髪を染めるなら白髪染めシャンプーをおすすめします。

髪の毛が痛まないためにおすすめしたいアイテムのひとつです。

白髪染めシャンプーにいは髪の毛を守る成分が入っているタイプが多く、さらに天然素材にこだわったものも人気があります。

髪の毛を保護するためだけでなく、白髪染めでダメージを受けた頭皮を保護する意味もあるため、通常のシャンプーよりも白髪染めシャンプーをおすすめします。

使い続ける事で浸透し、徐々に白髪が目ただなくなる

ネーミングを見ても分かるように、白髪染めの効果のあるシャンプーです。

強い刺激があるわけではなく、使い続けることで徐々に染料が白髪の内部に浸透していくアイテムです。

徐々に白髪が目立たなくなる効果を持っているので、理想としては普段から白髪染めシャンプーを使います。

ヘアマニキュアのような効果があるので、使い続けて白髪が染まります。

髪の毛の表面だけを染めるので、白髪染めのような強い効果は期待できないものの白髪を目立たなくさせる効果はあります。

部分染めを使う

部分染めを使う

白髪が目立ってくるのは生え際です。

白髪をしっかり染めれば染めるほど、髪の毛が伸びてきた時の生え際に白髪が目立ってしまいます。

これはどうしようもないことで、その都度白髪を染めているという方もいますが、その方の髪の毛や頭皮は傷んでいるのが現状です。

白髪染めの使用頻度の理想は2ヶ月に1度ですから、目立ってきたからといって白髪染めを使ったのでは髪や頭皮が傷んでしまいます。

髪が傷まないようにするためには部分染めを使って白髪を染めます。

部分染めは、いざという時のお助けアイテム

部分染めの多くはペンタイプの形になっていて、マジックを使う要領で白髪を塗ることが出来るため簡単です。

髪が傷まないための優れたアイテムと言えるかもしれません。

洗い流さないタイプが主流なので出かける前にささっと塗ってそのまま外出できるのは大きなメリットではないでしょうか。

朝顔を洗ったときに前の日には気づかなかった白髪があったときの驚きとショックは隠しきれません。

しかし、白髪はなんとか隠さなければいけませんから、そんなとき自宅に部分染めがあれば非常に助かります。

ストックを切らさないようにしておけば、いざというときお助けアイテムとして役立つことでしょう。

白髪を染める前に済ませておきたい前処理

白髪を染める前に済ませておきたい前処理

美容室で行われている白髪染めを使う前処理

美容室などで白髪染めをする場合、髪の毛が傷まないように予防策として前処理をします。

通常自宅で白髪を染めている人の多くは、何もつけていない状態で白髪染めを塗ります。

髪の毛を洗ってから白髪染めを使うとキューティクルが開いた状態なので、白髪染めが浸透しやすいものの髪の毛に大きなダメージを与えてしまいます。

髪の毛を保護する専用の液体を塗布する

それを防止するために白髪染めをする前のシャンプーはNGと言われています。

ところが、そのまま何もつけていない状態でも髪の毛が傷まないとは言い切れません。

美容室で使っているアイテムは髪の毛を保護する役割を果たしています。

予防策として使われているのはアミノ酸やヒアルロン酸が含まれている専用の液体です。

霧吹きを使って髪の毛全体に予防策として塗布してから白髪染めを塗っていきます。

自宅で前処理するためには

自宅で前処理するためには

美容室で使われている前処理用のアイテムを入手するのは困難だと思われていますが、実は美容室で使っているアイテムをそのままお店で販売している美容室も少なくありません。

カウンターにいろんな商品が並んでいると思いますが、その中に白髪染めをする前に髪が傷まないために予防するアイテムが並んでいるはずです。

お洒落なデザインなので見た目では分かりにくいと思いますから、気になる場合は美容師さんに直接聞いてみるといいかもしれません。

選ぶポイントはヒアルロン酸以外の物が入っていない物

美容室で前処理用のアイテムを購入する場合の注意点は、ヒアルロン酸の原液がどの程度含まれているのか確認してください。

成分表が書いてありますから、そちらに目を通してみましょう。

私たちが普段スキンケアで使っているものに含まれているヒアルロン酸は薄められていますが、白髪染めを使う前処理として使う場合は出来る限り原液に近い濃度が含まれているアイテムが望ましいと言われています。

理想とされるのはヒアルロン酸以外のものが入っていないものです。

成分が浸透しにくい油分量が少ない物

さらに、白髪染めの成分が浸透するのを邪魔しないように油分の含有率が少ないものを選んでください。

油分が髪の毛の表面に膜を張ってしまうと白髪染めの成分がなかなか浸透せず、理想の髪の毛の色に仕上がらなくなるので注意が必要です。

前処理をしておけば髪の毛が痛まないだけでなく、髪の毛が痛まないことによって髪の毛の状態が整い、白髪染め成分が浸透しやすくなります。

長い時間放置しなくてもしっかり染まるので、髪の毛や地肌にダメージを与えない予防にもつながります。

白髪染めおすすめランキング|効果と価格で比較したBEST3

白髪染めおすすめランキングBEST3

haru黒髪スカルプ・プロ haru黒髪スカルプ・プロ
気になる抜け毛・白髪・頭皮を1本でケア!

ルプルプヘアカラートリートメント ルプルプヘアカラートリートメント
ダメージ0!簡単なのにきちんと染まる!

グローイングショットヘアケア グローイングショットヘアケア
グラマラスな黒髪を目指すヘアケアが新登場!

▼白髪染めおすすめランキング|効果と価格で比較した【総合】▼>>白髪染めアイテムの詳細情報はこちらから確認できます!<<

関連記事

関連記事がありません。