市販の白髪染めどれを選ぶ?あなたにぴったりの白髪染めはこれだ!

髪にチラチラと白髪があるとどうしても見た目が老けて見えてしまうものなので、白髪染めを検討されている方も多いでしょう。

一口に白髪染めと言ってもその種類は非常にたくさんあるので、どれを使用すれば良いのかわからないという方が多いです。

自宅で白髪染めするならどのようなタイプの白髪染めがオススメなのでしょうか。

自宅で白髪染めする方法は?白髪染めの種類を紹介

自宅で白髪染めする方法は?白髪染めの種類を紹介

しっかり染めには向かない?!ヘナやシャンプーは色味が薄め

白髪染め種類としてヘナを使った方法や、シャンプーで染める方法があります。

ヘナは自然由来の成分で髪と頭皮にダメージを与えずに染めることが出来ます。
シャンプーも日々使用するもので染められるので刺激はかなり抑えられているものが多いです。

しかし、ヘナに関しては繰り返し使用して徐々に濃くなっていくタイプですので色味が薄いです。
シャンプーやコンディショナーに白髪染めが入っているものに関しても同様に色が薄めのものが多いです。

また、これらのタイプの白髪染めは通常のシャンプーをすると色落ちしやすいという傾向があるので、しっかりと染めたい場合には注意が必要です。

商品の種類も豊富!やっぱり主流はクリームタイプ

自宅で行う白髪染めの種類にクリームタイプがありますが、この方法白髪染めの主流になります。

美容室で行われている白髪染めもクリームタイプの薬剤を使用していることが多いですし、自宅で行うタイプの商品も多数販売されています。

白髪の量が多い人はもちろんですが、すでに白髪染めを行っていて生え際の部分だけを白髪染めしたいという場合にも対応できるので非常に使い勝手が良いのが特徴です。

ほとんどの商品が繰り返し使用できますので、染めたい範囲が狭い場合には非常にコストパフォーマンスにも優れています。

自宅で行う場合には保温シートの代わりにサランラップなどを使用してしっかりとクリームを密着させるときれいに染まります。

人気上昇中!泡タイプは手軽でしっかり染められる

近年セルフ白髪染めにおいて非常に人気が高まっているのが泡タイプの白髪染めです。

泡タイプの白髪染めはプッシュ式で、押すだけで泡になって出てくるのが特徴です。
泡と言っても泡状なのは最初だけで、泡をしっかりと揉み込むことでクリーム状に変化します。

クリームタイプだとどうしても色ムラが出てしまうという人がいますが、泡タイプなら見えない部分も上手く出来るので成功しやすいのです。

最終的にはかなり固いクリーム状になって髪にピタッと密着してくれるのでしっかりと染めることが出来ますし、待っている間に液ダレもしにくくなっています。

泡タイプは手軽にしっかりと染められますが、基本的に使い切りタイプなので部分染めには適さない方法です。

髪や頭皮を傷めない、お財布にも優しいヘナの白髪染め

髪や頭皮を傷めない、お財布にも優しいヘナの白髪染め

バサバサな髪ヒリヒリな頭皮にならないヘナ

気になる白髪のために欠かせない白髪染めは、何度も繰り返していると髪と頭皮へダメージを与えます。

そんな悩みの解消には、ヘナを使った白髪染めがおススメです。

ヘナは、古代インドで医薬品として使われていた植物です。

日本で言う薬草や漢方と同じようなもので日本では栽培されていないため全て輸入となっているのが特徴です。

ヘナ自体は日本では医薬品として指定されてなく、100%天然の製品に限って化粧品に分類され認められているものです。

植物を使った天然の染料なため、白髪染めに使用しても市販の一般的な白髪染めに比べて、髪や頭皮を傷めないのが大きなメリットです。

天然100%と言いながら化学的な物質が混ぜられている場合もあるため、ヘナ100%を選ぶことが大切です。

色つきも薄めで失敗のない白髪染めが実現します

ヘナは色素を持つ植物を粉末にしたものです。

自宅で白髪染めとして使う際にはヘナの粉末をお湯に溶かしてペースト状にすることで染色作用が発揮されます。

手順としては、ペースト状にしたヘナを頭のてっぺんから順番に塗ります。

次に、タオルターバンで1時間から2時間ほど時間を置きます。

最後に、シャワーで流すだけで白髪染めが完了します。

ヘナを使うために特別なものを用意する必要もなく、染め具合も薄いため自宅で自分の好きな時に失敗の少ない白髪染めが手軽にできます。

髪と頭皮にダメージがないことのほかにも、脱色効果のないヘナは黒い髪はそのままで白髪や化学染料を使用した部分にだけが染まります。

伸びた白髪部分と以前に染めた部分の境目が目立たないことと、皮脂や汚れを吸着する作用もあるため髪が綺麗になることがメリットです。

本当にヘナ100%?放置時間でわかる使用しているヘナの違い

初めてヘナ白髪染めをする方や自宅でなかなかできない方は、ヘナを扱っている美容室を利用するのが最適です。

美容室ではそれなりにコストもかかってしまいますが、ヘナを塗ったあと、ラップに遠赤加温を行なうため多少の時間短縮になります。

また、ムラがなく染められること、後片付けなどの手間がないことがメリットです。

美容室でヘナを扱っているとは言え、全ての美容室がヘナ100%を使用しているわけではありません。
100%を使用しているかは放置時間で知ることができます。

ヘナで白髪を染める場合には、自宅では1時間以上の放置時間が必要です。

たとえ遠赤加温により時間短縮したとしても最低でも50分ほどの時間はかかるのものです。ですので、20分程度で流される場合には酸化染料が混ざった染料を使っていると言えます。

いずれにせよ、ヘナ100%の染料を使うことが肝心です。購入の際にはパッケージに記載されている成分などの確認をきちんとしましょう。

また、日本語表記などのない現地で調達して輸入雑貨店などで販売されているものは、日本人向きでないため避けるのが懸命です。

プロの腕で安心!白髪染めを美容室でしてもらおう!

プロの腕で安心!白髪染めを美容室でしてもらおう!

お金はかかるけどメリットも多し!美容室での白髪染めの施術

白髪が目立つと老けて見られることもあるので、気になって白髪染めを行う人も多いでしょう。

白髪染めは市販の白髪染め剤を使って自宅で自分で行うのも良いですが、慣れない人は難しいと感じるものです。

自分で染めるとなると、液を衣服に飛ばして汚してしまったり、髪の毛にムラができてしまったりすることもあるでしょう。
また説明書を読んで書かれてある通りに行うこと自体が、面倒に感じる人もいるかもしれません。

けれども美容室白髪染めをしてもらえば、プロに任せることで失敗もなく美しく仕上がるというメリットがあります。

髪色も均等に染まりますし、髪の毛のダメージも少なくて済むでしょう。
美容室なら白髪染めのカラーも自分好みに仕上げてもらえます。

美容室なら綺麗で安心!自分の髪質や肌質に合った白髪染め

近年はドラッグストアなどに行けば多種多様な白髪染め用品が並んでいます。

けれども素人にはなかなかどれが自分に合っているのか分からず、悩む人もいるのではないでしょうか。

薬剤が合わなくて肌がかぶれてしまったという話を聞いた人もいるかもしれません。

白髪染めを行う際は、自分の髪質や肌質をまず把握してそれに合ったものを使うことが重要です。

美容室ならプロの判断で、その人に合った適切な薬剤で染めてもらえます。

顔周りなどにクリームを塗ってケアしてもらえる点も安心できるでしょう。

自分の髪質に馴染みやすいカラーで染めてもらえるので、綺麗に仕上がります。
プロにしてもらうからこそ得られる安心感と仕上がりの良さは、大きなメリットです。

理想通りの仕上がりにするために、イメージをきちんと伝えよう

美容室では施術前に美容師と客との間でカウンセリングが行われることが多いでしょう。

その際に、なりたい自分のイメージをできるだけ具体的に伝えることが大切です。

一言に白髪染めといってもカラーも染め方も多種多様なので、まずは色味から好みのカラーを相談しましょう。

真っ黒にしたいのか、明るい茶色にしたいのか、雑誌などで理想の髪色があれば切り抜いて持っていくのもひとつです。

部分的に白髪がある場合は、その部分だけしっかり染めて全体は明るくカラーリングを行うという方法もあります。
これはあまり黒くなりたくない場合に行われる染め方です。

そのほかにも、立体的に見えるように白髪染めをした後にメッシュを入れる方法もあります。

なりたいヘアスタイルをきちんと相談すれば、美容師がそれを実現する施術を行ってくれるでしょう。

満足度の高い仕上がりになるためには、美容師任せにせずに細かい部分まで希望を伝えるように心がけたいものです。

誰か手伝って!男性の白髪染めにおすすめの方法

誰か手伝って!男性の白髪染めにおすすめの方法

一人では難しい?見やすい鏡やお手伝いが必要

白髪の出現は老化現象の一つなので完全に防ぐことはできず、その都度対処していくしかありません。

女性で髪が長い方は、髪を顔面に持ってくると白髪のチェックができますが男性は短髪の方が多いので自宅で染めるのであれば鏡やお手伝いが必要です。

白髪染めをするのであれば、徹底的に染めないと染め忘れた部分が非常に目立ってしまいます。一人であれば、鏡を複数使用して反射させれば確認し辛い部分も見ることができます。

しかし、一番良いのは手伝ってもらうことで、高齢で肩などが不自由であれば尚更一人では難しいです。

直接、奥さんや子どもの目で見てもらうことで染め忘れを防ぐことができますし、染める作業もスムーズです。

染髪剤は洗面台や床に付着するとなかなか落ちないので、ビニールなどで必ず汚れを防ぎます。

自然な色合いの髪に優しい商品を選択しましょう

女性の白髪染めは明るめのカラーが多いですが、男性はブラックもしくはダークブラウンが自然に仕上がります。

定年退職をしているならまだしも、働いている場合はブラックが望ましいです。

白髪染めは、一回で終わるのではなく継続して何回も使わないといけません。

ですので、無添加で髪に優しいと宣伝されているものを選ぶと頭皮や髪への負担が減ります。

無添加以外のものが危険という訳ではありませんが、なるべく刺激を避けたいと考える場合は無添加が好ましいです。

アレルギー体質の方は特に注意が必要で、パラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンなどはアレルギーを引き起こす可能性があります。

アレルギーを起こしてからでは遅いので、必ず成分をチェックしたいです。

人気の白髪染めシャンプーやトリートメント

白髪染めは、染髪剤を使うだけではなく白髪染めのシャンプーやトリートメントを使うという手段もあります。

シャンプーやトリートメントで大丈夫なのかと思う場合もあるかもしれませんが、毎日継続して使うことで徐々に白髪を隠すことができます。

ただ、数日後のイベントの為に白髪を隠したいという場合は染髪剤を使わないと間に合いません。

白髪染めのシャンプーやトリートメントは、使い方と特徴を把握しないと十分な効果を得ることができません。

シャンプーについては、いつも使っているシャンプーの代わりに使えますし特別難しい作業をすることなく通常通り洗髪すれば問題ありません。

トリートメントは、商品によって多少の違いはありますがシャンプーの前か後に使用することになります。

10分~20分放置した後に流すので、例えばシャンプーのようにすぐ流してしまうとほとんど意味がなくなります。

染まってからは使用頻度を減らして週1~2回で良いので過度に使用する必要はありません。

気になる生え際を自宅で染めたい!自分でできる白髪染め

気になる生え際を自宅で染めたい!自分でできる白髪染め

美容院で染めたいけれど・・・時間もお金も節約したい!

ヘアスタイルのアレンジでなんとか隠せていた白髪も、だんだん本数が増えていくとそれも難しくなってしまいます。

毎回プロの美容師さんにきれいに染めてもらうのが理想的なのでしょうが、そうなると時間もかかりますし費用の面でも馬鹿になりません。

特に白髪の割合が多い場合は、髪の毛が伸びるにつれて分け目や生え際も気になりがちですが、その度にわざわざ美容院に通うのは大変です。

でも安心してください。

白髪染めは自分の手で、楽しみながら自宅でできるのです。

自宅でおこなえる白髪染め用のアイテムにはいろいろな種類があり、色のバリエーションも実に豊富。

それぞれの白髪の量やシチュエーション、理想とする染め上がりの状態に合わせて選ぶことができます。

自宅でできる白髪染めの種類は3種類!!

自宅でできる白髪染めのアイテムは、大まかにいうと3種類に分けられます。

まずは脱色剤と染毛剤の両方が含まれているタイプのヘアカラーです。

はじめに脱色剤で黒い髪の色素を抜いてから染毛剤でカラーリングする白髪染めで、おしゃれ染め用のヘアカラーもこれと同じメカニズムになります。

もうひとつは染毛剤だけが配合されているヘアカラーです。

このタイプのヘアカラーには脱色剤が入っていないので、髪の毛の色を脱色すること無く染毛剤で着色していきます。

ヘアマニキュアなどがこのタイプの白髪染めです。

そして3つ目ですが、このタイプのアイテムは白髪に直接塗り、隠すようにして用います。

髪全体というより、白髪が目立つ部分にだけ使う白髪染めです。

あなたの白髪にはコレ!ベストアイテムはこうして選ぶ!

脱色剤してから着色するタイプのヘアカラーはそのメカニズム上、どうしても毛髪や頭皮への刺激が強めです。

しかし髪全体が均一の色に染まり、色も長持ちしてくれます。

おしゃれ染めでも白髪は染まりますが、白髪染め用にはおしゃれ染め用より染毛剤が多く配合されているのです。
ですから、白髪が少ない方はおしゃれ染めでもOKですが、多めの人は白髪染め用を使ったほうがきれいな仕上がりが期待できます。

染毛剤だけのアイテムは白髪に色素を浸透させて染めるヘアカラーで、ヘアマニキュアやカラートリートメントなどがこの仲間です。

ナチュラルな染め上がりで、白髪を黒髪となじませて目立たなくなります。
シャンプーをすると次第に色が薄くなっていきますが、そのかわり毛髪や頭皮には優しいです。

そして白髪に塗るタイプは色は長持ちはしないのですが、気になる部分を素早く隠してくれます。

このように、自宅でできる白髪染めアイテムにはメリットとデメリットがあります。

これらを使用する頻度も考慮に入れ、それぞれを上手に組み合わせることも、健康な髪をキープしながら白髪を美しく染めることにつながります。

白髪染めおすすめランキングBEST3

haru黒髪スカルプ・プロ haru黒髪スカルプ・プロ
気になる抜け毛・白髪・頭皮を1本でケア!

ルプルプヘアカラートリートメント ルプルプヘアカラートリートメント
ダメージ0!簡単なのにきちんと染まる!

グローイングショットヘアケア グローイングショットヘアケア
グラマラスな黒髪を目指すヘアケアが新登場!

▼白髪染めおすすめランキング|効果と価格で比較した【総合】▼>>白髪染めアイテムの詳細情報はこちらから確認できます!<<